男性看護師の求人募集

男性看護師の求人募集はあるか

看護師のことを昔は看護婦と呼んでいたように、なんとなく女性の職業という先入観があります。
実際に看護師の男女比は女性が圧倒的に多い状況で、男性看護師は全体の5%ほどしかいません。
男性看護師の求人はあるのかと思われるかもしれませんが、現在人手が不足しているくらいで、募集はたくさんあります。

 

男性限らず、看護師全般に人が少ない状況が続いています。
世間では就職難などといわれていますが、看護師の求人は逆で、需要がたくさんあります。
看護師の仕事は力を使う業務があるので、男性がいると助かるのです。
体が不自由な患者さんを移動させることなど、日常的にあることが容易に想像できますよね。
精神科では特に男手を必要としており、配属になる可能性が高いでしょう。

 

精神科では患者さんが急に暴れ出すことがあるので、看護師が押さえ付けなければなりません。
ストレスを抱えている現代人は多いので、総合失調症やうつ病などの精神障害を患っている方が大勢います。
患者さんが暴れ出したときは、小柄な女性であったとしても驚くほどの強い力が出るものなので、男性の力をもってしても押さえ付けるのは簡単ではないそうです。

 

看護師の仕事では男手が必要とされているにもかかわらず、現状は約5%しかいないので、現場ではもっと増えて欲しいと望んでいます。
同僚からも患者さんからも必要とされる職業ですから、他の仕事では得られない喜びがあるはずです。
男性看護師を必要としている医療機関はたくさんありますので、職場を探すときに困らないのではないでしょうか。

 

現場での知識の違い

看護師と准看護師では、学校で習得する知識に違いがあります。
実習で教わることにも大きな差があることは否定できませんが、実際に現場で求められるのは学校で教わる基礎の知識よりも、経験から習得した内容です。

 

基礎は学校で教えてもらいますが、基礎にしかすぎないので、現場で経験を重ねて本人も吸収していこうという努力があってこそ、役立つ知識となるでしょう。
経験をどのくらい積んでいるか、どんな環境で働いてきたかということが、看護師も准看護師も知識の違いとなります。
逆にいえば、学校で習得する看護師と准看護師の知識の差は、臨床において働くことで、カバーしていけるというわけです。

 

患者さんは一人ひとり違うので、教科書通りにはいかないことが毎日起こるので、知識がいくら頭に詰まっていても、それだけでは不十分です。
臨床の経験から身に付けた知識をいかに役立てていくかは、看護師と准看護師のどちらの資格を持っているという違いではありません。

 

配属先が何科かということによって、増えていく知識の中身も変わってきます。
内科に努めていれば内科の知識が増えていくでしょうし、外科の担当になれば外科の知識が多くなっていきます。

 

勤務する年数がどれほど増えても、看護師もしくは准看護師の本人に成長していこうという努力がなければ、経験数に関係なくその人の知識は停滞したままです。
看護の分野に限らず、学校で学んだ知識より経験が人を一人前にしてくれるということは、多くの職業に共通していえることなのではないでしょうか。
こちらもおすすめ:ヘモグロビンa1cを下げる方法

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ